待ち望んだ子供を授かれる卵子提供エージェンシーを検討しよう

女性

国外で卵子提供を受ける場合の流れについて

妊娠線

卵子提供という不妊治療の方法をご存じでしょうか?
病気で卵巣の摘出手術を受けている場合、もともと卵子が体内に存在しない場合、遺伝的な持病があり自分の遺伝子をもつ子供を妊娠することが難しい場合、事情は人それぞれですが、いずれの場合も卵子提供を受ければ自分の子宮で妊娠出産することが可能です。

この卵子提供を受けた場合の流れを説明します。
卵子提供は国内でも受けられますが、卵子提供のガイドラインに認定されるため審査を受ける必要があります。
そのため、国外の病院で受けられる方もとても多いです。
まず、卵子提供を扱うエージェンシーに相談して説明を受け契約を行います。移植を行う国や病院の決定、卵子提供者(エッグドナー)の選定ができたら、外国で採卵と移植を行います。診察などのために数回外国へ行く必要がある場合もあります。

国外とは言っても、重要な契約はエージェンシーがしっかり説明してくれますので安心です。
現地にも通訳や日本語が通じるスタッフを派遣してくれる場合もあります。
後悔を残さないためには、疑問に思った点はすぐに確認すること、多くのエージェンシーを比較して決定することです。
卵子提供をしたからといって、一度の移植で必ず妊娠できるわけではありません。
普通の不妊治療同様、諦めない気持ちと夫婦での協力が何よりも大切になってきますよ。