待ち望んだ子供を授かれる卵子提供エージェンシーを検討しよう

女性

卵子提供を受けることが出来る場合とは

手

「卵子提供」は卵子に問題があり妊娠できない女性でも、子供を持つことができる画期的な方法です。
卵子提供は不妊治療として条件付きではありますが、国内でも行うことが可能な方法です。
その条件というのは簡単に言うと「卵子が存在しない場合」「6回以上体外受精を行っても妊娠しない場合」「母親が重い遺伝性疾患を持つ場合」のいずれかとされています。

それでは、この条件にあてはまらなければ卵子提供を受けることができないのかと言うと、そうと決まったわけではありません。
先程の条件はあくまでも「国内」に限った話です。「国外」での治療にはこの条件はあてはまりません。
ただ、その国で何らかの条件や指針が決められている場合はありますので、それには従わなくてはなりません。

国外で卵子提供を受けようと思ったらまずはエージェンシーに相談することです。
エージェンシーは国外の病院と連携して手術の段取りを整えてくれたり、代理母の候補を見つけてくれたりします。
もちろん自分たちが動くべきことも多いのですが、エージェンシーの手を借りることでその負担はかなり減らすことができます。
卵子提供は国外とのやり取りや現地に行く機会もあり、大変ですが頼れるエージェンシーがいれば、日本語が通じるスタッフに対応してもらえたり、要望も事前に伝えられて楽になりますよ。